ホーム > 製品一覧 > 遮熱塗料 > 屋根・外壁用(弱溶剤系) > ワイドエポーレSiクール
スズカファイン株式会社

製品説明書

遮熱塗料 屋根・外壁用(弱溶剤系) No.83230

更新日:2017-07-04

弱溶剤2液形エポキシ変性アクリルシリコン樹脂系 高日射反射率塗料
ワイドエポーレSiクール

特徴・機能

●2液形エポキシ変性シリコン樹脂系の弱溶剤遮熱塗料です。 ●高反射性顔料とセラミックバルーンの相乗効果により、太陽光の近赤外波長域を反射しますので、抜群の遮熱効果を発揮します。 ●建物内部の温度上昇を緩和できますので、冷房効果を大幅にUPします。(建物の構造によって効果は異なります) ●2液形エポキシ変性の強靭な塗膜は密着性・耐久性に優れ、緻密な塗膜が汚れの付着を防ぐ低汚染タイプです。 ●防かび防藻タイプ ●屋根・外壁対応、セメント系・金属系素地対応 ●JIS規格品です。

 
ワイドエポーレクール
 
シリコン系
 
高い遮熱効果
 
温度上昇の抑制効果

概要

主用途屋根、建築物外壁、鋼構造物
適用下地カラートタン、新生瓦、鋼板、鋼材、金属系サイディング、窯業系サイディングなど
主要組成アクリルシリコン系
荷姿16kgセット(主剤15:硬化剤1)、3.2kgセット(主剤3:硬化剤0.2)
標準色60色(CS版 全色) ※指定色不可
仕上がり(つや/模様)つやあり、7分つや、5分つや、3分つや ※JIS規格品は[つやあり]のみ
塗装器具刷毛、ウールローラー、エアレス
希釈剤(希釈率)塗料用シンナー(0~20%)
塗付量(塗面積)
※塗材の場合は所要量
0.20~0.32kg/㎡/2回(50~80㎡/石油缶)

間隔時間(23℃)工程内5時間以上7日以内、最終養生24時間以上 ●屋根の場合は工程内16時間以上
ホルムアルデヒド放散等級[登録]該当せず(JIS K 5675及び5659の為、対象外となります)
JIS規格[製品特記]JIS K 5675 屋根用高日射反射率塗料2種2級(弱溶剤系) [シリコン系]
JIS K 5659 鋼構造物用耐候性塗料2級 [シリコン系][遮熱]
JIS K 5658 建築用耐候性上塗り塗料2級 [シリコン系][遮熱]
防火認定[製品特記]該当せず
JASS18[製品特記]該当せず
塗装略号[製品特記]DP、LS2-ASE [遮熱タイプ]、HRP [上塗り]
消防法表示
(危険物登録商品名)
<主剤>第四類第二石油類
<硬化剤>第四類第一石油類
適合下塗材●<金属系素地>ワイドラスノンCOOL、エポクールワイド、リフノンなど ●<セメント系素地>クールシーラーワイド、リフノンなど ●JIS K 5675の場合は、下塗が限定されます。(関連資料 ダウンロードよりJIS認証書をご覧ください。)
適合主材使用しません。
適合上塗材本品
備考<可使時間> 8時間以内/23℃
<つや調整品について> ●さざなみ模様仕上げなどでは、様々な角度の反射光がある為、3分つやを用いても7分つや程度の外観になります。 ●つや調整品は、つやありと比較して耐用年数が短くなります。 ●つや調整品は、色相・塗り重ねによって、つやに差が出る為、塗り継ぎや補修塗りでむらを生じやすくなります。予め試し塗りで仕上がりを確認の上、面で区切って塗装してください。また、鮮明な色は、つやありと比較して、スケが出やすい傾向になりますのでご注意ください。

※上記の塗付量(塗面積)は標準状態の場合ですので、下地条件によって、大きく変動する場合があります。
 公共建築工事標準仕様など、指定仕様がある場合は該当仕様に応じた塗付量(所要量)にて塗面積を換算してください。
※詳細な情報・注意事項等については、カタログ・容器の表示・安全データシート(SDS)をご参照ください。
※記載の内容は予告なく変更することがありますのでご了承ください。

カタログ・見本帳

荷姿


2.6MB

1.8MB
画像をクリックすると閲覧できます。 荷姿は地域により異なる場合があります。

デジタル色見本

標準色見本のマンセル参考値・RGB参考値・調色区分をご覧いただけます。
色見本名CS版

参考データ

関連資料

簡単なご登録(無料)でSDS・成分表・仕様書などの関連資料をダウンロードすることができます。

採用実績

ワイドエポーレSiクール

 

レクセル郡元

宮崎県都城市
2015年 改修
1,000㎡

 

テクノエフアンドシー 第三工場

愛知県江南市
2014年 改修
7,300㎡