ホーム > お客様サポート > よくあるご質問 > シーリング部への塗装について。
1

シーリング部への塗装について。

1

シーリング部への塗装は、塗膜の収縮割れ、剥がれ、塗膜汚染を生じることがあるため行わないでください。予め「ラフトン逆プライマー」を塗装する事により、シーリング材に含まれる可塑剤の移行を遮断しシーリング汚染を抑制する事が出来ますが、シーリング材と塗膜では硬さ(柔らかさ)が異なる為、収縮割れや剥がれを防ぐことは出来ません。